新規許可申請 ご依頼ページ

公開日:2018年2月9日 / 更新日:2020年9月26日

一般貨物自動車運送事業の新規許可申請のご依頼に際してご案内します。

行政書士は全国に多くいますが、運送業許認可をしっかりできる行政書士は各都道府県にたったの数人です
お知り合いの税理士から紹介された運送業に不慣れな行政書士や、”自称”運送業専門の行政書士に依頼してしまって残念な結果となるより、信頼できるトラサポ行政書士にご依頼いただき安心を手に入れてください

運送業専門行政書士鈴木隆広【トラサポ主宰】運送業専門行政書士「行政書士鈴木隆広」 神奈川運輸支局前、一般貨物自動車運送事業一筋13年の行政書士。平成30年1月には業界初の本格的運送業手続き専門書籍「貨物自動車運送事業 書式全書」が日本法令から出版される。【本部:神奈川県横浜市都筑区池辺町3620】
信頼できる運送業専門行政書士に依頼したい方はご自身の地域のメンバーを頼ってください!!」

運送業専門行政書士へのご依頼はフリーダイヤル0120-546-784までお気軽に!!

料金

70万円(税別)
※運行管理者・整備管理者選任届、事業用自動車連絡書発行含む
※その他:登録免許税 12万円 印紙・ナンバー代 約1万円
※営業所、車庫が1か所ずつ、車両5台まで。それ以上の施設がある場合は別途お見積り。

「各都道府県に運送業ができる行政書士は5人もいない」
「トラサポは全員が高い会費を払ってでも運送業の最先端を勉強している」
などなどトラサポメンバーが信頼できる理由を動画で解説しています!!

youtube:トラサポ行政書士に依頼すべき理由

(再生時間:約10分)

ご依頼方法

お電話でお気軽にご依頼ください。フリーダイヤル0120-546-784までお気軽に!!(平日9時~17時)

また、メールでは24時間お申込み頂けます。

必ず、ご依頼内容を「新規許可」を選択ください。
住所は郵便が届くご住所を入力お願いします。
お客様の情報を当社からのご案内のために保管・利用させていただくことあらかじめご了承ください。
※コメントとウェブサイトURLのご記載は任意です。

 ご依頼フォーム → https://www.mshonin.com/form/?id=718567664 

ご自身の担当都道府県行政書士を調べたい方

ご自身の都道府県の運送業専門行政書士を探す

ご依頼に必要な書類と情報

新規許可申請ご依頼時に揃っているとものすごくスムーズに進みます

  • ・営業所の住所、詳細場所がわかる地図、使用承諾書
  • ・車庫の住所、詳細場所がわかる地図、使用承諾書
  • ・その営業所に配属予定の車両全台の車検証コピー(全台決まってなくても構いません)
  • ・運行管理者資格者証コピー、整備管理者選任前研修修了証コピーもしくは国家資格整備士資格者証コピー
  • ・運行管理体制の情報(ヒアリングシートにわかる範囲で書き込んでください。埋められないところは担当行政書士が親切丁寧にお聞きします)

揃える段階でお悩みのことがあればすぐお電話でお気軽にご依頼ください。フリーダイヤル0120-546-784までお気軽に!!(平日9時~17時)また、メールでは24時間お申込み頂けます。

よくある疑問1:大体どのくらいで許可が下りますか?

正直、運輸支局の混み具合や申請時期によりますが、申請してからおおむね3~5カ月で認可が下ります。

4月には多くの運輸支局で担当者が変わります。そうすると処理能力が一時的に落ちて、認可までの期間が遅くなることがよくあります。

よくある疑問2:この場所を借りて問題ないの?(営業所)

営業所はどこでも大丈夫というわけではありません。
特に市街化調整区域はほとんどの場合、許可・認可されません。

用途地域等の要件について細かくはコチラにて確認してください。

よくある疑問3:この場所を借りて問題ないの?(車庫)

車庫の場合、用途地域はどこでも大丈夫です。市街化調整区域でも問題ありません
土地謄本を取得して、地目が農地(田・畑)となっている場合は、農地転用がされてない場合は申請できません。

用途地域等の要件について細かくはコチラにて確認してください。

よくある質問4:必要資金はいくら用意すればよいの?(残高証明)

必要資金は金融機関の残高証明で審査されます。

大体1500~2000万円の残高が必要ですが、細かくはコチラにて確認してください。

よくある疑問5:営業所と車庫はどれくらい離れていてよいの?

全国的に短いと5km、長いところは20kmと幅があります。

営業所と車庫の距離要件について細かくはコチラにて確認してください。

よくある疑問6:トラックは既に準備しておかないと申請できないの?

営業所が認可されてから納品ということでも構いません。
※場合によっては認可直前に車両についてなにかしらの書類が求められる可能性はあります。

当然ですが、逆に言えば認可が下りてからでなければ、その営業所は正式に使うことができないのです。

よくある疑問7:集合住宅(アパートやマンション)の1室では認められないの?

集合住宅だからそれだけの理由でダメということはありません。

ただ、自治体ごとに用途地域によって厳しさが随分違います。(〇〇住居専用地域は特に慎重な事前確認が必要です)

しっかり、市役所等に確認することが大切です。
※確認すべき役所は、運輸支局の輸送担当窓口で教えてもらうことができます。

よくある疑問8:運行管理者や整備管理者は他の営業所と兼任できないの?

まず運行管理者は絶対に兼任できません。(Gマーク営業所同士の管理受委託特例除く)

整備管理者は外部委託などのルールがありますが、現実問題は兼任できないと思うべきです。

よくある質問9:緑ナンバー取得後はなにをすればいいの?

適性診断、必要な帳簿、毎年の報告書などについて、コチラのページで詳しくまとめてありますのでご覧ください。

一般貨物自動車運送事業新規許可の要件についてもっと詳しく確認したい方

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

人気記事

カテゴリー

運送業者様訪問記 (1)
貨物利用運送事業 (4)
運送事業者紹介 (2)
軽貨物 (1)
関連法令 (9)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (3)
緑ナンバー (16)
初めての緑ナンバー (1)
運送業界ニュース (8)
緑ナンバーの基本要件 (3)
一般貨物自動車運送事業 (115)
最新の法令 (7)
緑ナンバー実務ネタ (22)
過去の法令 (7)

新着