一般貨物自動車運送事業の法令試験の対策過去問題とテキスト


役員法令試験、絶対不合格できず不安ですよね?全国運輸局の【実際に出された過去問題&正解】とテキストを販売します。法令試験は誰が受験できるのか、日程などについて解説します。他の行政書士に依頼した方、ご自身で申請した方でも販売します。

一般貨物自動車運送事業法令試験合格対策

一般貨物自動車運送事業法令試験合格対策!!

法令試験の日程

法令試験は申請前に受けることはできません。原則、以下のように奇数月の実施となっています。

申請の種類による法令試験の日程

新規許可
申請した月の翌月以降の奇数月
譲渡譲受
月の始めに申請すると当月の終わりが試験日になることもあります。そうでなければ申請した月の翌月以降の奇数月

譲渡譲受の際は試験日が最短で当月の終わりになることがあるので、申請する前にぜひ運輸局に確認してください。
「試験勉強する暇がない!!」
というと頑張って申請しても不合格になれば結局認可が遅くなってしまいます。

法令試験の日にどうしても外せない用事ができたらどうすればいいでしょうか

基本的にはどのような事情があっても配慮されません。法令試験の案内通知には、「欠席の方は必ず事前にご連絡ください」と書いてあるので、連絡すればなんとかなるのかな?と思いますよね。
実際はなんともならず、事前連絡したとしても「欠席=不合格」です。

一般貨物自動車運送事業新規許可申請前に役員法令試験を受けることはできますか?

「役員法令試験に合格した後に安心して一般貨物自動車運送事業の許可申請を出したい」ということをよく聞きますが、残念ながら役員法令試験は一般貨物自動車運送事業新規許可申請した後にしか受けることができません。

法令試験は誰が受けられるのか?

登記されている常勤役員が法令試験を受けなければなりません。
つまり登記されていない執行役員は受けられない、ということです。

注意!!※運行管理者の資格をお持ちでも法令試験は受けないといけません。

常勤役員ということは、役員構成もはじめから検討しておかないといけないということですね。
しかも2回、不合格もしくは欠席を続けると申請を取り下げさせられます。
そうなるともう一度申請しなおしですから最悪半年近くも許可が遅くなる計算になります。

同じ会社の役員2名以上が同時に受験できますか?

残念ながら同じ会社から2名が同じ試験日に受験することはできません。同じ会社からは登記されている常勤役員1名で受験してください。

個人事業主での申請の場合は誰が受けられますか?

個人事業主での申請、社長はその人なので、個人事業主しか受験できません。たとえ配偶者(夫、妻)が役員のように共同経営していても、社長は一人です。

法令試験の概要

実際の法令試験の時間や問題数は以下の通りです。

役員法令試験の概要

    • ・50分で30問
    • ・合格基準は30問中24問正解(※つまり6問しか間違えられないのです)
    • ・設問方式は○×方式及び語群選択方式

以前は紙媒体であれば持込み可能でしたが、今後は試験会場で配られる条文集だけを頼りに戦わなくてはなりません。

どの申請で法令試験に合格しないといけないのか

一般貨物自動車運送事業新規許可申請、譲渡譲受認可申請、相続認可申請、合併や分割認可申請の際に登記されている常勤役員が頑張って合格しなければなりません。

法令試験の試験範囲

法令試験の流れや時期はわかりましたが、実際どのような内容が出題されるのでしょうか?まとめてみました。こう見ると”法”ばかりでやる気をなくしますね。。。
試験会場で渡される条文集は厚さ2cmほどもあり、とてもじゃないですが専門家であっても調べることはできないでしょう。だからテキストや過去問題で事前に十分に勉強することが必須です。

法令試験の試験範囲

    1. (1)貨物自動車運送事業法
    2. (2)貨物自動車運送事業法施行規則
    3. (3)貨物自動車運送事業輸送安全規則
    4. (4)貨物自動車運送事業報告規則
    5. (5)自動車事故報告規則
    6. (6)道路運送法
    7. (7)道路運送車両法
    8. (8)道路交通法
    9. (9)労働基準法
    10. (10)自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
    11. (11)労働安全衛生法
    12. (12)私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
    13. (13)下請代金支払遅延等防止法

当サービスの内容物[テキスト&実際の過去問題1年分、直前勉強会]

「テキスト買ったんだけど実際は全然違う問題が出た・・・」
「2回目は落ちることができない!!」

と言う方、実際の過去問題で役員法令試験を不安なく受験しませんか?

以下の内容で完全サポートします!!

    • ・法令試験対策テキスト
    • 過去問題直近1年分&回答
    • ・法令試験の心構え
    • ・条例集の探し方
    • ・条例集で当日参照すべき最低の箇所リスト
    • ・絶対覚えないといけない項目集

実際に出題された全国の過去問題を毎回収集しています!!

北海道運輸局、東北運輸局、北陸信越運輸局、関東運輸局、中部運輸局、近畿運輸局、中国運輸局、四国運輸局、九州運輸局
すべての運輸局(沖縄除く)の法令試験の実際の過去問題を入手しています。
※平成30年6月より北陸信越運輸局はHPで公開を始めました。

以前、お客様から
「本当に過去問題が入手できるの?運輸局に聞いたら過去問題は公開しないと言われた」
という質問を受けました。
普通であれば、くれと言ってもくれません。だからトラサポでは価値があると思い、有料でご提供しているわけです。
本当に過去問題が入手できているということをご理解いただくために少し前のものですが全運輸局で実際に出題された過去問題を以下からダウンロードして確認できるようにしました。(過去問題申込のお客様に実際にご提供するのは最新1年分の過去問題です、ご安心ください

1年以上前に実際に出題された過去問題のダウンロード

※問題だけでなく回答もちゃんとご提供します。

役員法令試験対策セミナーのご案内

自分で勉強するのは苦手・・・
どこかで直前対策勉強会は開催してくれませんか?

行政書士

そんな方向けにトラサポ行政書士がセミナーを開催しています!!

実施が確定している参加者募集中のセミナーのご案内

埼玉県
・日程 :10月16日(火)と10月23日(火)の2回
・時間 :開始時間:18時30分 終了時間:20時30分
・場所 :埼玉県草加市住吉1-2-27 HOTEL HOUSEN 会議室
・担当 :行政書士 矢内孝昌
東京都
・日程 :11月3日(土)と11月10日(土)の2回
・時間 :開始時間:15時00分 終了時間:18時00分
・場所 :東京都中央区銀座一丁目13番1号ヒューリック銀座一丁目ビル4階
・担当 :行政書士法人シグマ
一般貨物自動車運送事業法令試験直前対策セミナーのイメージ

一般貨物自動車運送事業法令試験直前対策セミナー

現在、東京都、埼玉県で予約を受け付けております。
(上記の確定している日程以外は、参加者が決まってから日時を確定します。)

直前対策セミナーは実際の過去問題の解説と50分で実際に解くという実践方式となります。

テキストを買っても自分でコツコツ勉強するのは自信がないけど、「とりあえず体を持って行くならできそう!」という方にはオススメです。

ご質問・お申込みはコチラのお問合せフォームからお願いします。

お電話でもお受けします。(0120-546-784 お気軽に!)

テキスト&過去問題のご依頼方法

他の行政書士に新規許可申請を依頼した方、ご自身で申請した方でも販売します。お気軽にご連絡ください。

一般貨物自動車運送事業役員法令試験テキスト過去問題購入はこちらをクリック

お問合せフォームの「お問合せ内容」に
・”役員法令試験購入希望”
・申請先運輸局名
・申請日(申請していなければ申請予定日)
をご記入の上、送信してください。

お電話でもお受けします。(0120-546-784 お気軽に!)

その他よくある質問

過去問題だけでなく回答ももらえますか?

大丈夫です。実際に出題された問題文、それとは別に回答が記載されているものの両方をご提供します。

法令試験の合格率はどのくらいですか?

合格率は以前は30%などと低かったですが、最近は60~80%の合格率になっています。高い合格率ですが、勉強しなければ合格はムリだと思います。30問のうち8割正解しなければならないので6問しか間違えることができません。
一問一答ですから時間が足りないということはないのでその点は心配いりません。
※表の見方:合格者数/全受験者数で書いています。

管轄平成30年3月平成30年1月平成29年11月
北海道運輸局7人/28人8人/18人8人/13人
北陸信越運輸局7人/7人8人/9人3人/6人
東北運輸局17人/20人11人/14人20人/26人
関東運輸局37人/80人63人/93人47人/85人
中部運輸局24人/36人21人/38人25人/35人
近畿運輸局62人/82人36人/72人38人/62人
中国運輸局15人/22人10人/20人11人/14人
四国運輸局6人/6人11人/13人6人/8人
九州運輸局19人/34人23人/35人35人/46人

試験会場にテキストは持ち込み可能ですか?

昔はテキスト持ち込みが可能でしたが、今は持ち込みはできません。
(参考)貸切バスは今のところ(平成30年5月)、一部持ち込み可ですね。
だから過去問を繰り返し勉強することが大切です。

役員が運行管理者に資格を持っていれば法令試験は免除になりますか?

残念ながら免除になりません。

 

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

人気記事

カテゴリー

貨物利用運送事業 (1)
関連法令 (7)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (4)
緑ナンバー (7)
初めての緑ナンバー (3)
運送業界ニュース (6)
緑ナンバーの基本要件 (4)
一般貨物自動車運送事業 (65)
最新の法令 (7)
緑ナンバー実務ネタ (25)
過去の法令 (7)

新着