• 行政書士File:久保田 勝彦

行政書士File:久保田 勝彦

岡山県の運送業専門行政書士 久保田勝彦
  • 行政書士File No.024
  • 久保田 勝彦
  • 岡山県/香川県

行政書士久保田勝彦事務所 行政書士久保田勝彦

  • 【肩書・所属団体】
    エホバの証人
    倉敷市消防団・団員
    【生年月日】 1978年12月26日
    【出身地】 岡山県倉敷市
    【出身校】 岡山県立倉敷古城池高等学校普通科 卒
    【趣味】 読書、ガーデニング、資格取得
    【資格】 行政書士、クレーン・デリック運転士(クレーン限定)、二級ボイラー技士、第二種電気工事士、第三種冷凍機械製造保安責任者、危険物取扱者乙種4類、消防設備士乙種4類・6類、第二種冷媒フロン類取扱技術者、玉掛け、フォークリフト、小型移動式クレーン、ガス溶接(以上、技能講習修了)、粉じん作業特別教育 修了
    知的財産管理技能士3級、日商簿記3級、色彩検定2級
    経歴 金属加工業 15年半勤務
    ビルメンテナンス業 3年勤務
    産業廃棄物収集運搬業 H28.12~
  • 【事務所HP】https://katsuhiko-office.com/
行政書士登録証 久保田勝彦

行政書士登録証 久保田勝彦

まずは所長のご経歴と開業の経緯を教えてください。

高校は進学校に進み、大学受験は合格までしたものの高校在学中に勉強することに嫌気がさしてしまってそのまま社会人になりました。実業高校へ通っていなかったので「仕事はうまくやっていけるだろうか?」というコンプレックスを抱きながらの社会人デビューでした。幸い勤務先に恵まれ、リーマンショックで会社が廃業するまでその会社で勤めました。

そのあとの就職では2度の「健康を崩す→離職」経験をしてしまったことで、漠然ながらも「独立して自分のペースで働きたい」と考えるようになりました。

わたしのこれまでの勤務先では職務上必要な資格を取ることが推奨されていました。それがきっかけで始めた勉強が意外にも面白く感じ、年に1つはチャレンジすることが趣味のようになっていました。それで、そろそろ難関資格をと考えて候補に挙がったのが、たまたま行政書士でした。というわけで最初は行政書士になりたくて行政書士試験を受けたというわけではありませんでした。

最初は軽い気持ちで勉強を始めたものの本気で取り組み、二年目は「これ以上時間と労力を費やせない」と、その年を最後と決めての挑戦となりました。

本試験も終えて気持ちが落ち着いてきたころ、「合格しているかも」と思えるようになって初めて、「行政書士になりたい」と考えるようになっていきました。

そう思うようになった遠因はいくつも考えられますが、2018年西日本豪雨災害の経験が一番大きいのかもしれません。

2018年西日本豪雨岡山の記録

出典:山陽新聞社 2018西日本豪雨 岡山の記録

わたしの住む倉敷市は西日本豪雨災害のとき、深夜に一級河川の支流の堤防が決壊して市内にある地区が泥水に沈みました。全国報道もされたのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。お世話になった工務店やビルメンテナンス業時代のお客様も被災されました。

わたしも友人の親戚宅へ片付けのボランティアに参加しました。遠く県外から駆けつけてくれたボランティアの方たち姿も間近で見ました。

この災害で床上浸水の水位が助成基準まであと数センチ足りず、補助金の支給対象外とされて廃業を決めた、懇意にしていたお店の話を何件も聞きました。

また、わたしが片付けに入った住宅は今も再建されないままです。

このときの経験が、援助と仕事が両立できる行政書士になりたいと思わせたのかもしれません。

お客様とのやりとりで大切にしていることは何ですか?

「自分がしてほしいことを提供する」を第一に、「誠実」であることを大切にしています。

お客様に不都合な事実があるとしてもきちんとお知らせして、最善案を提案したいと考えています。

ビルメンテナンス業時代には設備の不具合を伝えられて不機嫌になるお客様もいました。予算の都合から「なるべく費用をかけずに」などとお願いされることがありました。

多くの場合、付け焼刃な対応は長期的にみると無駄な修理になってしまいます。一時的に調子を取り戻してもすぐに再発して大慌てになる、なんて場面になんども遭遇してきました。それはお互いにとって不幸です。

そうならないためにも、長期安定に目を向けたいと思います。そして互いに心の内を開いて話し合える、そんなお付き合いができることを望んでいます。

ほかにも行政書士として心がけていることは何ですか?

難しい専門用語を使わない、翻訳家のようわかりやすい言葉に置き換えて説明できるように心がけています。そして専門家である以上は、間違った情報をお客様に伝えることがないように注意を払っています。

最後に、自分の振る舞いが自身の看板だけでなく「行政書士」という業界の看板の評価につながっていることを肝に銘じています。

休日はどのようにすごしていますか?

両親の影響か、ガーデニングをしています。成長期には一日ごとに違う姿を見せてくれるので毎日が楽しみです。同じ種類でも植物ごとに個性があって、手がかからない子もいれば機嫌がまったくわからない子もいて教科書どおりにはなかなかいきません。無事に花を咲かせられたり、ホームセンターで投げ売りされている鉢ものが立て直しできると嬉しく感じます。

オブツーサ

オブツーサ

100均のサボテン

100均のサボテン

ミニチューリップ

ミニチューリップ

カキツバタ

カキツバタ

幼いころから読書も好きで、たいていは何かを読んでいます。ただ最近は業務に関するものばかりで、純粋に娯楽として小説を読むことがめっきり減ったことと収納スペースが無くなりつつあることが悩みの種です。

家の庭先で完結する趣味ばかりなので、アウトドアの趣味を一つ持ちたいと思っています。

岡山県エリアについて、どのような印象をお持ちですか?

東西には中国自動車道と山陽道、南北には瀬戸中央自動車道・岡山道・米子道を構えて大阪~福岡、太平洋~瀬戸内海~日本海を結ぶ交通の要所です。大規模なコンビナートも抱え、大小多くの流通団地もあります。自動車メーカの企業城下町の一面も持っています。

気候は温暖で果物の産地です。林業に力を入れている所があったり和牛や牡蠣の産地だったりと、地区ごとの個性がかなり強く、飽きない県だと思います。

今後の展望を教えてください。

ビルメンテナンス業時代には叶わなかった、包括的支援ができるようになりたいと考えています。そのためにもっと運輸業界のことや近隣業種についても知る必要があります。

コンプライアンスは時代の要請でもありますし、新型コロナウイルス禍以降の時代の変化に対応できるように先取りできるように励んでいきます。

行政書士‘sファイルの読者に向けて、ひと言メッセージをお願いします

読者の中には世間の悪いニュースのために、人に頼ることを恐れて一人で悩んでいらっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。わたしもそうでした。

でも人を頼ることを知って、手伝ってもらうことでできることは多くなりました。

この喜びをあなたにも味わってもらいたいと思います。

今日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。