• 行政書士File:水竹 弘樹

行政書士File:水竹 弘樹

大阪府の運送業専門行政書士水竹弘樹
  • 行政書士File No.019
  • 水竹 弘樹
  • 大阪府

行政書士事務所リネスト 行政書士水竹弘樹

  • 【ヨミガナ】ミズタケ ヒロキ
  • 【肩書】行政書士事務所リネスト 所長
  • 【生年月日】昭和57年9月
  • 【出身地】大阪府大阪市
  • 【出身校】
  • 大阪府立北野高等学校

    大阪市立大学商学部

  • 【趣味】
  • ゲーム

    人に勉強を教えること

  • 【資格】
  • 行政書士

    中小企業診断士

  • 【経歴】
  • <平成18年>

    某自動車部品メーカーに入社

    子会社の経営管理、事業企画などの業務に従事

    <平成28年12月>

    行政書士事務所を開業

  • 【事務所HP】https://tokusyashinsei.com/

行政書士登録証水竹弘樹

まずは所長のご経歴と開業の経緯を教えてください。

大阪市淀川区で生まれ育ち、大学卒業後は自動車部品メーカーに就職、物流系の事業部に配属されました。当初は「物流関係の仕事がしたい」と考えていたわけではありませんでしたが、父がドライバーとして長年働いていたので、自分もまた物流に携わる仕事に就いたことは不思議な巡り合わせだなと感じました。

まずは、物流センターの立ち上げに1年間携わりました。
入社したての頃は右も左もわからないような状態で、入荷や出荷に来るドライバーさんたちに色々なことを教えていただきました。
出荷バースに付けようとしているトラックの後ろに入り込んでしまい、「何してんねん!危ないやろ!!」と本気で怒られたこともよく覚えています。死角になる場所なので、ドライバーさんも怖かったと思います。本当に申し訳ございませんでしたと何度も何度も謝りました。
また、出荷する荷物の置き方のちょっとした改善などで「ありがとう」と言ってもらえた時は、涙が出るほど嬉しかったことも覚えています。

その後、経営管理系の部署に異動して9年間働きました。
そこではいくつかの物流系子会社に籍を移して、決算書類の作成から取締役会、株主総会の取り回し、各種行政庁への届け出などの会社運営に関わる一連の処理を行い、今の仕事の基盤を作り上げることができました。

そんな仕事をしていた中で、管理業務も大事なことはわかりつつも、センターを走り回って仕事をしていた頃の事が忘れられず、
「お客様から、直接『ありがとう』って言ってもらえるような仕事がしたい!」
という気持ちから退職し、行政書士として開業しました。

事務所外観

事務所外観

お客様とのやりとりで大切にしていることは何ですか?

不安で相談にやってきたお客様に心から安心して貰えるような態度を示すことです。

お客様に「あなたに頼んで良かった!」と思っていただけるようなサービスを提供することです。
そのために、しっかりとお客様とコミュニケーションを取り、
「お客様の本来の目的が何なのか」
「その目的に到達するための手段は本当にそれで良いのか」
を真剣に考え、時にはお客様と一緒に悩みながら仕事を進めています。
お客様の心の底からの「ありがとう」をいただくためには努力を惜しみません。

ほかにも行政書士として心がけていることは何ですか?

書類作成の正確さとスピードを大切にしています。
「時は金なり」という言葉があるように、書類作成が速く終わるということは、お客様の利益に直接つながります。とは言え、どんなに速く処理しても差し戻しや不許可が発生すると結局余分に時間がかかってしまいますので、正確さも非常に重要です。

速く正確な書類作成をするため、以下の2点を心がけています。
・知識のインプットとアウトプットを常日頃から行うこと
・業務の効率化、従業員とのダブルチェックなどの仕組みづくり

選んでいただいた分、しっかりとお客様に利益を提供して、お客様からの「ありがとう」を心置きなく受け取ることができるよう、日々精進いたします。

事務所内の様子

事務所内の様子

休日はどのようにすごしていますか?

妻が旅行が趣味なので、たまに旅行に行きます。最近は奈良と出雲に行きました。動物が好きなので、奈良の鹿がたまらなくかわいかったです。

奈良の鹿

奈良の鹿

出雲はそばと海鮮が美味しかったです。両方また行きたいですね。

出雲の蕎麦

出雲の蕎麦

他の時間は勉強していることが多いです。

最近は労務に関しての知識も必要だなと感じ、労働基準法などの勉強もしています。いつかは社労士の資格も取れれば、より多くの面でお客様のサポートができるなと思い、日々頑張っています。

大阪府エリアについて、どのような印象をお持ちですか?

私は生まれも育ちも大阪なので、とにかく大阪が大好きです。
小さい頃はよく梅田や十三に行っていたので、迷宮と呼ばれている梅田の地下も大体歩けます。大阪人だと当たり前ですね。
大阪人も大好きです。大阪弁はキツい時もありますが、その裏に愛情を感じます。
事務所ではたまに、やしきたかじんさんや上田正樹さんの曲をかけることもあります。世代ではないので有名な曲しか知りませんが、大阪の魂なのか、たまに無性に聞きたくなります。

車でも電車でも、兵庫や京都、奈良、和歌山へのアクセスが良いですし、新幹線に乗れば東京や愛知、福岡などの主要都市にも行きやすいので、住みやすく、仕事もしやすい土地だと思います。

今後の展望を教えてください。

当事務所は、特殊車両通行許可申請も取り扱い業務としていますので、それも含めて運送業に関わる様々な部分で、多くのお客様のサポートをしていきたいです。
お客様と共に生き、共に栄え、共に価値を作り出す。
その過程でお互いが感謝し合えるような信頼関係を築いていきたいと思います。
そして、自身が成長していく、またはさせていただく中で、お客様やパートナーにも力を与えることができる強い事務所を目指していこうと思っています。

行政書士ズファイルの読者に向けて、ひと言メッセージをお願いします。

このホームページをご覧になっているということは、お客様にとって大事な決断をしようとしていることかと思います。もしかしたらご自身の人生に関わるような大きな決断かもしれません。本当にじっくりと考えて、色々と検討してみてください。

その結果、私を、もしくは他の「トラサポ」のメンバーを選んでいただければ本当にありがたいことです。
我々「トラサポ」のメンバーは必ず、お客様に「本当に選んで良かった」と思われるように尽力いたしますので、ご期待いただければと思います。

今日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。