2022年5月14日(土)ジャパントラックショー@パシフィコ横浜行ってきました

公開日:2022年5月28日

2022年5月14日(土)ジャパントラックショー@パシフィコ横浜行ってきました

https://truck-show.jp/lp/

2022年ジャパントラックショー看板前

2022年ジャパントラックショー看板前

4年ぶりにジャパントラックショーが開催され、トラサポ有志6名で見学に行きました。

会場は大盛況!すごい行列で受付終わるまで15分ほどかかりました。

受付の行列風景

受付の行列風景

受付窓口

受付窓口

入場してすぐのブースには車体の裏側のサビ止め塗料のブースがありました。それも出会いなので少し話を聞いてからズンズン進むとすぐに、変わった形なので超目立つEVトラックがありました。見るからに電気トラック!といういで立ち。

荷台部分に入るとかなり広いです。運転席はEVらしく近未来的でした。

EVトラック運転席

EVトラック運転席

次はRETRUSという会社のムービングフロアトレーラを見ました。

まず「むーびんぐふろあとれーら??」なんだそれ??

ムービングフロアトレーラ看板

ムービングフロアトレーラ看板

解説してもらうと、荷台の床自体が動くんだそうです。

ただ床が動くだけでなく、床が特殊な構造になってます。

幅10cmほどのレールが3本ずつ交互に動くことで、床に置いた荷物が勝手に出口方向にズルズル出てくるようです。

主に粉粒体の運搬を想定しているとのことです。

アイデアが超面白いですよね!

ムービングフロアトレーラの床構造

ムービングフロアトレーラの床構造

またうろうろしていると、茨城メンバーの福原さんがなにかにくぎ付けになってます。

すると、シャーシの超目立たないところのウロコステンに感動してました。

目立たない場所にウロコステン!

目立たない場所にウロコステン!

そんな目立たないところの総ウロコステン(笑)に注目するところ、さすが元運送会社社長です。トラック愛しすぎ(笑)

私が担当者に「ここをウロコステンにする意味あるんですか?」と聞くと「ありません(笑)ただかっこいいだけです」とのこと。こんなところウロコステンにしたら清掃も大変ですけど、江戸っ子気質なんですね。

広島メンバーの松本さんはUDの大型トラックQUONの最新型の運転席に試乗しました。座った瞬間、シートのエアサスが「プシュー!!」超最高級車ですよね。

まさにコックピット!そして天井が高くて広い!!

やはり長距離を運転するには快適な運転空間が必須ですね。

QUONに感動する松本さん

QUONに感動する松本さん

私も試乗しました。私の後ろの空間は就寝スペースです。結構広い!

次は長さが変わるシャーシ。40ft、45ft、あと20ft2本載せができます。

さすがジャパントラックショー!

変わった製品がたくさんあって超面白いです!!

メンバー全員、かなり興奮状態です。

その時点で普通の行政書士じゃないですよね(笑)トラック好きすぎ!!

 

お昼休憩。

隣のクイーンズスクエアの和食屋さんでランチ。

楽しくランチ~(^^♪

楽しくランチ~(^^♪

一番近くのお店「さかえや」さんに入ったらかなりのヒット!

ランチメニューの品揃えも良かったし、味もおいしかったです。

釜めしや海鮮丼を食べて、みんな満足!

やっぱりご飯食べながらのおしゃべりは盛り上がりますね。

私が食べた釜めし定食。結構豪華、しかもリーズナブル!!

私が食べた釜めし定食。結構豪華、しかもリーズナブル!!

午後の一番の発見はテレニシさんのブース。

今年から始まる遠隔点呼の認証機器が発表されていました。

遠隔点呼の制度にはアンテナ張っていましたが、対象機器が発表されておらず、ここでやっと出会えました。

(そこの担当者とは後日直接会って話しました。今後、お客様にススメていこうと思います)

テレニシさんブース

テレニシさんブース

タフブライトアルミホイール

タフブライトアルミホイール

アルミホイールの「タフブライト

全てのタイヤのホイールをこれに変えると100kg単位で重量が減るので積載が取れるようになります。

新車を納車するときに指定すれば新車にそのままくっつけて大丈夫な規格になってるので安心だそうです。

OCKLINKデジタコ

OCKLINKデジタコ

CENTLESS社のデジタコOCTLINKのブース。

74800円とリーズナブルで注目しました。

OCTLINKの機能・価格表

OCTLINKの機能・価格表

また、日報もカスタマイズ可能で、あとから多少の編集も可能ということで柔軟性に優れている感覚を受けました。

担当の方も、こちらの専門的な質問にテキパキ対応してくれて、とても信頼感がありました。

 

そして毎回ドハデなヨシノ自動車のブース!!

これはランボルギーニ??

というような車体の後ろ側ですが、いえいえこれはVOLVOのトラクタヘッドなんです。

VOLVOトラクタヘッドの後面

VOLVOトラクタヘッドの後面

超かっこいいです!

女神風のキャンペーンガール!

女神?風のキャンペーンガール!

奥にはDJブースもあってブース全体がものすごくオシャレな雰囲気でした。

こうやって、トラック業界のイメージを良くしようという取り組み、ものすごく良いと思います!!

 

トラックショーその後

その日の晩御飯は中華街の大珍楼の食べ放題

このお店は相場より少し高いのですが、スペースが広くてゆったりできるし、価格が少し高いだけ味もおいしいです。

中華風に仮装して

中華風に仮装して

女性は松本さん一人だったので仮装決まりでしたが、男性はジャンケンで勝った人がすることに。

すると言い出しっぺの私がこんなときだけジャンケン買ってしまい仮装しましたが、やってみると意外と似合ってました(笑)

泊まり組は翌日、横浜観光三昧でした。

運送業専門行政書士らしく、本牧ふ頭の立てかけシャーシ置き場を見学。

「ト、、、トレーラーが立ってる!!」

ここでも全員超興奮しました。

本牧ふ頭立て掛けシャーシの前で

本牧ふ頭立て掛けシャーシの前で

楽しく2022年ジャパントラックショー見学会が終わり、懇親も深まり、超ステキな3日間でした。

 

参加者6名 神奈川県武藤さん広島県松本さん兵庫県緒方さん茨城県福原さん埼玉県佐藤さん鈴木

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!