運送現場のニーズに応える商品:洗車用品 supported by パーマンショップ

公開日:2019年12月27日

運送事業者さんの仕事をもっと快適にするためのアイテムを、トラック用品、大型車・物流用品 1965年創業の「パーマンショップ」のキャラクター「パコちゃん」に提案してもらうコーナーです。

先生!問題です!
冬のシーズンって車やトラックがサビやすいと言われているのですが、なぜだと思いますか?

ん~なんでだろう。冬…雪……あっ融雪剤が影響してるのかな?
塩分が含まれているし。

大正解です!
塩分を含む融雪剤は、車の金属部分をサビつかせていまいます。
特にブレーキ部分がサビると、ブレーキの利きが悪くなり危険性が増してしまいます。

見た目だけじゃなくて当然運転にも影響が出るんだね。
でも融雪剤をまかれた道を通らないわけにはいかないし、アフターケアが大切になってくるのかな?

そうなんです。アフターケアと言っても洗車なんですけどね。
ただ普通の洗車と同じようにやってもダメなんです!

え?どんな風にやればいいの?

まず融雪剤のまかれた道を走ったら早急に洗車をすることが大切です。
水圧を高くして融雪剤を落としきることを意識し、シャーシや足回り、細かい隙間などを入念に洗い流します。
高圧洗浄機があればベストですね!
その後、たっぷりのカーシャンプーで丁寧に洗って、高い水圧でシャンプーをキレイに洗い流します。

融雪剤が少しでも残らないように丁寧な洗車が必要なんだね。

そうですね!
少しでも残っているとそこからサビが発生してしまうので、細かいところまで入念に洗う必要があります。
あと洗車中、融雪剤が目に入ることのないように気を付けないといけません。
肌に触れても炎症を起こす場合があるので、ゴム手袋等を使用することをおすすめします。

塩害というくらいだからやはり影響は大きいんだね。
冬だけでなく海に近い港町も大変だろうね。

はい。こまめな洗車が大切です!
洗車用品が揃っていない方は、事前に揃えていつでも洗車できる状態にしておきましょう。

商品の紹介ページ

洗車用品を集めた洗車特集ページを公開しています!

↓特集ページはこちら↓
パーマンショップの洗車用品特集ページ

トラサポはパーマンコーポレーションさんとは以下のページで運送業法律勉強会コラボ企画を大好評連載中です!!

行政書士さんとパコちゃんの運送業法律勉強会

 

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!