新規許可申請事業者はドライバー全員を初任運転者適性診断を受けさせなければならないか


現実はほどんの場合はYESになるでしょう。

しかし、国交省「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」にて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

運転者として常時選任するために新たに雇い入れた者であって当該貨物自動車運送事業者において初めて事業用自動車に乗務する前3年間に初任診断を受診したことがない者

は当該貨物自動車運送事業者において初めて事業用自動車に乗務する前に初任診断を受診させる。

ただし、やむを得ない事情がある場合には、乗務を開始した後1か月以内に受診させる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というように書いてあります。

普通は雇い入れる3年前に初任診断を受けているということは少ないでしょう。

しかし、3年以内に他の運送会社で初任診断を受けたなどであれば新会社で初任診断を受診する必要はありません。

ただ、証拠書類は揃えておいた方がいいので、3年以内に受けた受診診断票は運転者台帳と一緒に綴じておいた方がいいでしょう。

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

人気記事

カテゴリー

貨物利用運送事業 (1)
関連法令 (7)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (4)
緑ナンバー (7)
初めての緑ナンバー (3)
運送業界ニュース (6)
緑ナンバーの基本要件 (4)
一般貨物自動車運送事業 (65)
最新の法令 (7)
緑ナンバー実務ネタ (25)
過去の法令 (7)

新着