一般貨物自動車運送事業許可を3か月以上早く取得する方法!

公開日:2018年4月5日 / 更新日:2018年8月24日

やったね!と言っている女性のイメージ

トラサポ行政書士なら約3カ月は早く緑ナンバー取得が可能です!

行政書士ならどこの頼んでも一緒と思っていませんか?

トラサポメンバーの行政書士なら

・非専門行政書士より3か月

・お客様ご自身で頑張って申請するより4カ月

以上も早く緑ナンバーを付けることが可能です!その秘密を大公開します。

差がつく項目非専門行政書士との差お客様自身で申請する場合との差
手引きを読んだり申請書作りはじめるまでの期間1週間2週間
運輸支局からの補正対応2週間4週間
すぐに幅員証明申請しておく2週間2週間
申請書作成能力の差1週間2週間
選任届の準備3日3日
所有者登録用委任状の手配2週間2週間
車検証書換書類の準備1週間1週間
許可が出たら許可書出る前にすぐに連絡書を手配する1週間1週間
役人をせっつく1週間1週間
合計の差3カ月4か月

こんな企業秘密を教えて大丈夫なのですか?

ご心配いただきありがとうござます。

意外と大丈夫です。

なぜなら、これらは毎日一般貨物自動車運送事業の仕事をしていなければとてもじゃないですが気にすることはできないからです。

「やった方がいいとわかっていてもできないこと」

ってありますよね?

たとえば「毎日腕立て伏せ50回、腹筋50回」続けたほうがいいのは当然ですが、実際に続けられるのはアスリートしかいません。

トラサポメンバーは一般貨物自動車運送事業許認可のアスリートです。

バスケットボールをやってる人がたまに野球をやるように、たまに一般貨物自動車運送事業許認可と付き合ってる行政書士ではこれはできません。

さきほど説明したテクニックは本当にそれを専門にやっている行政書士でなければできません。

ましてや運送事業者のお客様は毎日本業で忙しいのですからこんなのいちいちチェックしてられません。

だからこのスピードでできるのはトラサポメンバー行政書士だけなのです!

他の行政書士は10カ月かかると平気で言います

たまに一般貨物自動車運送事業の許可をやる行政書士が申請してから10カ月かかると言います。

それはさすがに長いですが、半年は普通でかかると言っています。

それはさきほど説明したすべてのテクニックを全然使ってないからです。

このテクニックは実は誰も教えてくれません。

特に「役所をせっつく」なんてほとんど誰もやりません。

役人はマジメに仕事を最大限のスピードでやってくれると簡単に信じているからです。

でも役人だって人間です。

せっつかなければ手抜きします。

でもムリを言ってもそれは通りません。

ムリじゃなく適切なタイミングで役人をせっつくことが必要です。

トラサポメンバーは知っています

トラサポメンバーは多くの経験から

「このくらいの期間経過したら今審査はここまで行ってるな」

「この連絡をしてきたのだから今審査はここまで行ってるな」

を熟知しています。

だから先回りしていろいろなことを良いタイミングでアクションできるのです。

だから

トラサポに頼むしかない!と決意するウンソウ事業者さんのイメージ

と思っていただき、ご依頼いただければ全力でサポートします!!

許可後のことも知りたい方は

「許可を取った後にやらなければいけないこと」

もあわせてお読みください。

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

人気記事

カテゴリー

運送業者様訪問記 (1)
貨物利用運送事業 (1)
関連法令 (7)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (4)
緑ナンバー (8)
初めての緑ナンバー (3)
運送業界ニュース (6)
緑ナンバーの基本要件 (4)
一般貨物自動車運送事業 (69)
最新の法令 (6)
緑ナンバー実務ネタ (25)
過去の法令 (7)

新着