営業所と休憩施設の間にはパーティションなど物理的な仕切りが必要か

公開日:2018年2月11日 / 更新日:2019年8月12日

窓口担当者によって「パーティションつけてください」と言ってくるところもあると思いますが、基準に載ってないものはつける必要ありません。

「それどこに書いてあんの?」

ってことです。

要するに、役所は無難な方を「行政指導」として行ってきますが、受ける側は知識が少ないと「言うこと聞かないと認められない」と不安が生じます。

役所はそこにお金がかかることをイメージしないわけですね。

もし、役所にパーティションを付けてから認可を受け、この記事を読んで

「本当はパーティションいらないらしいじゃないか!」

と役所に言ったとしても

「行政指導というのはあくまで指導であり、それに従うかどうかは申請者の任意です。」

と言われて終わりです。

「命令」ではなく「指導」なのです。

でも、聞いている方は役所に言われたら

「それやらないと認可おりないんでしょ」

と思ってしまいますよね。。。

専門の行政書士であれば、そういうところはしっかりと役所と話し合って、余計な負担を申請者にかけないようにすると思います。

※近畿運輸局は申請書に営業所内写真の添付が求められています。パーティションについても結構厳しく言ってきます。事前に相談しておくのがスムーズな申請には無難です。ただ、パーティションは簡単なものでも問題ないので、簡単なパーティションで仕切るのも選択肢の一つでしょう。

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

新着

カテゴリー

運送業者様訪問記 (1)
貨物利用運送事業 (4)
運送事業者紹介 (2)
軽貨物 (1)
関連法令 (10)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (3)
緑ナンバー (37)
役員法令試験セミナー (21)
初めての緑ナンバー (1)
運送業界ニュース (8)
緑ナンバーの基本要件 (3)
一般貨物自動車運送事業 (119)
監査・巡回指導 (4)
M&A 合併 分割 事業承継 (1)
最新の法令 (7)
緑ナンバー実務ネタ (22)
過去の法令 (7)