埼玉県の一般貨物運送業監査対応なら実績豊富なトラサポ岩野先生へ!!

公開日:2021年8月25日

運送業専門行政書士鈴木隆広トラサポ主宰の鈴木です。
一般貨物運送業の監査は未経験の事業者様の方が多く、いざ監査!?の場合、不安でいっぱいになります。
埼玉県担当の岩野先生は保険会社マンとしても実績あり。軽いフットワークで埼玉県のみならず、近隣県も対応してくれます!埼玉県の運送事業者様、ぜひ岩野先生を頼ってください!

本ページでは岩野先生からのメッセージを紹介します。

監査対応・巡回指導への想い

埼玉県担当行政書士岩野康彦

埼玉県担当行政書士岩野康彦

最近、「コンプライアンス」という言葉を聞くことが多くなったと思いますが、日本語では、「法令遵守」のことであり、特に「会社が法令や規則を守ること」を意味します。

では、運送事業者様にとっての法令とは何でしょう?
もちろん、いろいろな法令(法律)がありますが、特に運送事業者様にとって重要な法令が2つあります。運送事業に関する法令である「貨物自動車運送事業法」と会社の従業員を保護するための法令である「労働基準法」です。
貨物自動車運送事業法で最も重い罰則は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金です。特に悪質な違反の場合、併科されることもあります。
労働基準法違反で最も重い罰則は、1年以上10年以下の懲役または20万円以上300万円以下の罰金です。
誰でも、こんな罰則を絶対に受けたくないですね。

多くの運送事業の経営者様は、これらの法令を守らなければならないと認識しつつも、「他の会社も守っていないから」とか、「違反が見つかる訳がないから大丈夫」等、お仕事がご多忙な中、面倒なことを避けているケースも多いと思われます。
しかし、それでは、運送事業の経営者失格です。経営者として、利益の確保も重要ですが、それ以上に「輸送の安全の確保」が最重要となります。

毎日、多忙な運送事業経営者様、監査・巡回指導対応に関し、専門の行政書士を使ってみませんか?まずは、初回のご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。
関東地方はもちろん、山梨県・長野県・新潟県・福島県等の関東隣県までお伺いさせていただきます。

岩野先生事務所直通電話 080-2598-3275

岩野先生プロフィールはこちらをクリックしてください↓↓↓

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!