営業所の面積は10㎡以上ないといけないか


営業所の面積要件があると思っている方も大勢いらっしゃいます。

しかしルール上、法令通達のどこにもなにも書いていません。

では実際の運用ではどこまで認められるのでしょうか。

過去の実績では営業所面積が3㎡でも認められたことはあります。

ただ、机や電話機、コピーファックス複合機、書棚など実際に仕事ができる環境であることを説明できる詳細図面を求められました。

今は携帯電話があれば仕事はできます。

しかしもちろん日報、運転者台帳、点呼記録簿などを収納する場所も必要ですし、営業所で点呼をするならばアルコールチェッカーの備え付けも必要です。

また、乗務員の指導教育もしなければいけないわけですから、乗務員全員に対して教育できるようなスペースは現実問題としても必要でしょう。毎回車庫で実施するわけにもいかないわけですから。

とにかく、「何㎡なければいけない」ということはありません。

ただ、現実的に仕事ができ、ルールを守れる環境を整えられる部屋にて営業所を申請するようにすることが必要です。

  • 一般貨物自動車運送事業許可申請ポイントを、マンガでわかりやすく解説!

人気記事

カテゴリー

貨物利用運送事業 (1)
関連法令 (7)
自動車登録 (1)
霊柩車・寝台車 (2)
日記 (4)
緑ナンバー (7)
初めての緑ナンバー (3)
運送業界ニュース (6)
緑ナンバーの基本要件 (4)
一般貨物自動車運送事業 (65)
最新の法令 (7)
緑ナンバー実務ネタ (25)
過去の法令 (7)

新着