• 行政書士File:林 翔大

行政書士File:林 翔大

林翔大(宮城県担当行政書士)
  • 行政書士File No.006
  • 林 翔大
  • 宮城県
  • まずは所長のご経歴と開業の経緯を教えてください。

生まれは仙台です。父親が転勤族ということもあり、幼少のころは東京に住んでいた時期もありました。しかし、小学校高学年からはまた仙台に戻ってきて住んでいるので、「仙台生まれ、仙台育ち」と言えるかもしれません。

経歴と開業の経緯ですが、私は学校の勉強が嫌いで、義務教育の中学を卒業したら解体屋さんなどの現場職で働こうと思っていました。しかし親には大反対され、説得させられ、仕方なく自宅から一番近くて、就職率が100%であった工業高校に入りました。

行きたくなかったのですが、「行くと決めたからにはしっかりやってやろう!」ということで、3年間休まず登校し皆勤賞をもらいました。(少し自慢です。)

そんな学生生活は、部活に励んでいたのではなく、ガソリンスタンドのアルバイトに一生懸命でした。テスト前日ももちろんアルバイトです。

そして大好きなバイクです。アルバイトで稼いだお金は、そのほとんどがバイクのパーツを買ってカスタムすることに使っていました。

愛車オートバイ

それから高校を卒業するときは、学校が発行した進路報告書のようなものがあり、細かいところはうろ覚えなのですが、「進学志望○○人、就職志望〇〇人、うち内定○○人、縁故1人」の「縁故」コレ私です…(笑)

普通に就職するのが嫌だったわけではなく、福島県で飲食店(串焼き屋さん)を経営していた叔父のお店で「接客を学びたい!」という思いがあり、叔父のお店で働きました。

そこでは常連さんやご新規さん、たくさんのお客様と出会い、色々なことを学ばせていただきました。

これはあくまでも私の考えではありますが、その数多くの学んだことの中で、サービス業はお客様に喜んでいただく、ご満足いただくことを考え続けてサービスを提供していくことが大事であり、基本であると学ばせていただきました。

この流れとは一転、その後は会社員として工場で10年間働かせていただきました。

私は働きながら、ガソリンスタンドでアルバイトをしていたときのように、直接お客様と会って喜んでもらえるような仕事がしたい。(アルバイトをしていたガソリンスタンドはフルサービスでお客様のお車の窓拭きを本気でやっていましたので、お客様には窓がピカピカになって大変喜んでいただきました。)と思うようになり、受験資格がなく国家資格で難易度が低くはないということで行政書士を選択しました。

仕事をしながら予備校に通い、仕事の休憩時間も夜も休みの日も勉強するのは本当に大変でした。

しかし、不思議なことに法律って知れば知るほど面白くなってくるので楽しく勉強ができました。

そして行政書士資格を取得できたので、開業しました。今思えば勢いで開業したようなものです…(笑)

今ではたくさんの方と出会い、お話を聞いたり、知らなかった世界を見たりすることができて、やりがいを感じながら仕事をしています。

  • お客様とのやりとりで大切にしていることは何ですか?

私が大切にしていることは、『笑顔』です。

林翔大 笑顔の写真

大切にしているというよりは、自然体でいることです。

よく、お会いしてお話をさせていただいた方に「ニコニコしていて話しやすい、表情がいいよね~。」と褒めていただきます。これは意識してやっているわけではないので、自分の長所として大切にしていこうと思っています。

行政書士のお仕事は、お客様との信頼関係がなければよいお仕事はできないと思っています。その為にも私を知っていただきたいですし、お客様のことをたくさん知りたいです。

ニコニコしながらお話を聞きますので、仕事のことから趣味のことでもいいので、なんでもお話してほしいです!(笑)

  • ほかにも行政書士として心がけていることは何ですか?

私は行政書士の中でも若い方だと思います。その若さを武器にフットワークの軽い行政書士として、「林に頼んだらすぐに動いてくれるから連絡してみよう。」と思っていただけるように心がけています。

  • 休日はどのようにすごしていますか?

家族で出掛けることが多いです。

私には子供が2人います。『近場』で子供が楽しめることはないかと考えてはいるのですが、なかなかそれが難しいですね。(私も妻も遠出はあんまり好きじゃないので…(笑))

水族館の様子

最近は近くにある水族館の年間パスポートを買いました。

ちょっとの時間でも行けるので子供たちも喜んでくれています。

キャッチボールしてる写真

あとは下の子が男の子なので、近くの公園でキャッチボールをしています。

ひとりで出掛けるときは近くの漫画喫茶に行きます。

漫画を読むのではなく、ソフトダーツをしています。全然上達しませんが、中毒性のある楽しさがあるので続けちゃっています。(笑)

ダーツを楽しんでる写真

  • 宮城県エリアについて、どのような印象をお持ちですか?

宮城県は政令指定都市の仙台もあり、物流はとても盛んな地域だと思います。

高速道路の利便性もよいですし、宮城県の東側は太平洋に面していて港もあります。

仙台港の写真

私が活動している仙台でも運送事業者様が多くいらっしゃいます。

運輸支局の近くにも営業所や車庫が数多くありますので、私たち行政書士が運送事業者様のお手伝いをさせていただく機会は増えていくと思っております。

  • 今後の展望を教えてください。

行政書士とは資格を取得する勉強よりも、開業してからの方が勉強することがたくさんあります。日々勉強です。これには終わりはないと思います。

私は行政書士が行えるたくさんの分野の中から、運送業と自動車登録の自動車関連業務を選択しました。

運行管理者を取得しましたが、さらに知識を身につけて、お客様が安心して事業に専念できるよう、しっかりとサポートをしていける事務所を目指します。

毎日宮城運輸支局にいるよ、の写真

  • 行政書士‘sファイルの読者に向けて、ひと言メッセージをお願いします。

少しは私のことを知っていただけたでしょうか?

これだけは言わせてください。

「仕事はきっちりやります!」根はまじめです(笑)

行政書士報酬は決して安くありませんし、許可や認可は時間もかかります。

「この人なら信頼できる!」と思った行政書士にお任せしてみてはいかがでしょうか?

まずはお気軽にご相談ください!